療育内容・勉強会

どんなことしてるの

児童発達支援 にっこり相談室の療育内容について詳しく記載しております。

生きる力を育てる

子どもにとっては遊ぶことが一番の仕事であり療育になってきます。ただ一言に遊びと言ってもその中には様々な活動や要素が含まれています。楽しく過ごす中で子どもたちの特性に合わせて内容を考えて様々な体験を積んでいきます。

詳しくは見学のときにお話いたしますのでお気軽におこしください。

保護者にも学んで頂きます。

にっこり相談室では子供と一緒に参加していただきときには少し離れて保護者の方にも学んでいただきます。子供のことで困ったことにたいしてどうやって対応したらいいか具体的にお伝えすることで子どもへの関わり方が変わると大きく変化することがあります、なぜなら子どもに一番接するのがお父さんお母さんだからです。にっこり相談室では保護者のかたへの支援にも力を入れております。

アドラー心理学

にっこり相談室ではアドラー心理学を中心に様々な心理学をもとにして支援をおこなっております。行動の意味を知ることや、関わりの効果をしっかりと知ることでお互いの関係を良くしたり、効果的な対応が取れるように支援を行っております。

早期発見・早期療育

入学前の年齢では特に小さければ小さいほど、診断という形では出てきません。子どもに診断名をつけることが大切ではなく、今困っていることに早めにアプローチすることで二次障害を防いだり、成長を促すことができ、大きくなったときに大きな差が出てきます。
自分の子がもしかすると障害があると言われてしまうことがあるなどご心配することが在ると思いますが、あまり重く考えずに気軽にご相談にきてくださいね。

勉強会・講座

準備中です